トップページ 自助具とは 主な自助具・PDF その他の作品 製作の手引書 製作依頼


大肢協トップ

自助具の部屋の紹介

工房の様子 拠点は「大阪府障がい者社会参加促進センター」の一室です。
(詳しくはこちらをクリックしてください)

 月に一度(第二土曜日、10時〜16時)みんなで集まり、活動内容を調整します。たとえば、依頼された自助具の製作担当者を振り分けたり、展示会での役割分担を決めたりします。ユーザーが求める性能にどうすれば近づくか、知恵を絞って検討します。

●自助具の展示・講習会
展示・講習会 私達は30年余りの間に約4000点の自助具を作って依頼者に提供してきました。
また、東京国際福祉機器展や大阪のバリアーフリー展などに出展したり、、 自助具製作の講習会を開催して、自助具の知識普及に努めています。



自助具フォーラム

 1997年に各地で自助具を製作しているボランティアグループに呼びかけて、初めてフォーラムを開催しました。24グループで約100名が参加されて活動の報告や討論が活発に行われました。その後は規模を拡大しながら毎年開かれています。



自助具製作ボランティアネットワーク(自ボネット)

イメージ  全国各地で自助具を製作して提供することを目的として活動しているボランティアグループが、その成り立ちの歴史・成熟度・規模などの違いをのりこえて、ネットワークを作り上げました。現在は30のグループが活動していますが、将来は全国どこの地域にも身近に自助具製作ボランティアが居て、障害者や高齢者の要望にすぐに対応できるような組織を確立することを理想として活動をしています。あなたもこの活動に参加してみませんか。大阪府肢体不自由者協会・ボランティアグループ「自助具の部屋」までご連絡ください。

クリックで拡大図をご覧いただけます→


ページのトップお問い合わせ